本文へスキップ

淡路島、洲本市、南あわじ市、淡路市の吉澤鍼灸治療院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0799-22-3533

〒656-0051 洲本市物部1-9-11

治療方針policy&FAQ

治療方針

方針イメージ

初めて治療に行く時は不安だと思います。

どうも鍼灸院は敷居が高くて・・・という方も多いかと思います。

当院は
五臓(肝、心、脾、肺、腎)気、血、水の調節をして心と体を根本から治療する東洋医学の鍼灸です。

この伝統鍼灸で皆様のお役に立てれば幸いです。

治療の流れ         

 
  1.   
    問診

   あなたの体が今どのような状態であるかをチェックしていきます。

話していくうちに自分でも気づいていないことが自覚できることもあります。

とてもプライベートなお話ですが、恥ずかしがらずに今の思いと伝えてください。

あなたの心をオープンにしていただくことが大切です。

自分自身で病の原因に気づくだけで快方に向かうこともあります。




  1. 診断

     



   顏の色や舌の状態を診ます。

それによって体のどの部分が冷えているか熱があるかなどがわかります。

治療前はお化粧やコーヒーは控えてくださいね。


次は脉(みゃく)を診ます。

脉は体のすべての臓器をめぐっているので、脉を診ることでどこのバランスがくずれているかわかります。

西洋医学みたいに脈拍や血圧を診るのではありません。

東洋医学の脉診(みゃくしん)は体の内部をスキャンしているのです。

 腹部を診察することで体のバランスの偏りや寒熱がわかります。

そこには肩こりや頻尿、不妊症などの体調のサインがでています。

背中にも体の内部の状態を教えてくれるツボがたくさんあります。

ずっと過去からひきずっている臓器の不調などもあらわれます。

東洋医学的な診断でていねいに診ていくことであなたの苦しんでいる状態を
打破する手がかりを見つけます。




  1. 施術

     


   あなたの体から情報をもらいました。

これにしたがって鍼をします。

髪の毛よりの細い鍼を使うので痛みはほとんどありません。

気持ち良くて寝てしまう方もいます。

   体やツボの状態を診てお灸もします。

お灸も多種ございますのでその方に応じて使い分けます。

やけど防止シールを貼って施術するのでやけどはしません。





  1. 説明

     


   今の体の状態、今後の養生などを説明します。

これで施術は終了です。





【具体症例の説明】
○ めまい
(現病歴)
2週間ぐらい前からめまいがひどい。
病院でいろいろな検査したが原因不明。

(診断)
脈診すると弱脈。特に左の関、尺脈が虚。
肝虚陽虚証(かんきょようきょしょう)。
血の不足により、少陽胆経に陽気を発散できないのがめまいの原因。
鍼灸治療により肝の血を増やし、少陽胆経から陽気を発散できるようにする。。

(説明)
下図の脈図で左関は肝と胆です。
そこに気血がないのです。




下図は足少陽胆経です。
耳の周りを巡ってます。
耳の奥には三半規管があり平衡感覚をとっています。
三半規管に気血が流れていなくて栄養不足状態です。







FAQ よくあるお問い合わせ

鍼は痛くないですか?

髪の毛より細い鍼を使用しているので痛くはありません。細さが0.1ミリ~0.2ミリほどしかありません。


感染症の心配はないですか?

当院の鍼はすべて使い捨てのディスポ鍼を用いております。
使用した鍼は施術後にすべて廃棄しておりますのでご安心ください。

美容にもいいのですか?

お顏は臓腑の花と言います。根っこの内臓の調子が良ければ、肌やお顔の調子も良くなります。









吉澤鍼灸治療院吉澤鍼灸治療院

〒656-0051
洲本市物部1-9-11
TEL 0799-22-3533